脊柱管狭窄症のおすすめリハビリ法

脊柱管狭窄症のおすすめリハビリ法

脊柱管狭窄症の症状や痛みを和らげるリハビリの方法を紹介します。
例えば、加齢による身体の衰えは仕方ありません。でも、何事も決してあきらめないことが肝心。ちょっとした努力、意識で加齢するスピードを遅らせることも可能だからです。
脊柱管狭窄症の症状が軽い場合、姿勢に注意する、年齢や生活レベルに合った適切な運動を取り入れる、肥満を予防・改善することなどが大事。そしてこれらを意識しながら日常生活を送りましょう。
まず、脊柱管狭窄症でおすすめなのが「前かがみの姿勢」です。背中を反らせる姿勢は症状が出やすくなります。逆に、前かがみの姿勢が症状を和らげます。例えば、歩く際に「杖(つえ)」「カート(手押し車や乳母車みたいなもの)」を使う、自転車を移動に使うことなど。
また、寝る時に仰向けで寝ると腰が反るので、仰向けで寝る場合、膝の下にバスタオルなどを入れて寝ること。膝が曲がる状態になって腰の反りが小さくなります。その他、腰痛の症状と同様に「腰をひねる」「重い物を持ち上げる」動作も注意すること。「長時間の同一姿勢」も要注意。
さらに、脊柱管狭窄症で痛いからと安静にしすぎず、症状が軽い場合、医師の指導にしたがった適度に体を動かして筋力を鍛える運動を心がけましょう。