脊柱管狭窄症の手術でのポイント

脊柱管狭窄症の手術でのポイント

もし、脊柱管狭窄症で手術を受ける場合、いくつかの点で注意が必要です。
まず、脊柱管狭窄症の手術に関する重要なポイントとしては 「早期発見」「早期治療」があげられます。
一般的に、馬尾障害がある場合、まず手術をすすめられます。しかし、馬尾障害の症状がたとえ見られたとしても、手術をしないで保存療法が有効というケースもあります。
ただし、手術をしないで保存療法が有効になるケースは「早期発見」「早期治療」をした人に限るとのこと。例えば、年齢のせいで脊柱管狭窄症かもしれない、といったような自己判断をして放置してしまわないこと。
そして、脊柱管狭窄症の手術後に誰もがすべて解決される訳ではないことも、覚えておきたいポイントです。
下肢や腰痛の痛み、軽度の下肢筋力低下が一気にすべて解消されないこともありますが、手術で治りやすい症状でもあります。しかし、安静にしていてもしびれがあるなど、しばらく残ってしまうこともあり、また痛みが再発してしてしまうケースも。
痛みが薄れることを期待される脊柱管狭窄症の手術ですが、手術をしてもすべてが解消される訳ではないことを理解しておくこと。そして、他の手術と同様に自身の全身状態、麻酔の影響、合併症などについて、担当医と相談することも大事です。