腰痛と食生活

腰痛と食生活

腰痛は、食生活と大きく関係しています。食生活を気を付けることで、腰痛の予防にも繋がるのです。ではどういったことに気を付ければ良いのでしょうか。
まず、既に腰痛の症状がある場合には、ビタミンB群の摂取が効果的です。ビタミンB6は、神経の働きを活発にするために効果的な栄養素であり、ビタミンB1は疲労物質の蓄積を予防する効果があります。そしてビタミンB12は末梢神経の修復に効果的ですから、こういったビタミンB群を含んでいる食品を積極的に摂取しましょう。モロヘイヤは栄養豊富な野菜の一つであり、ビタミンB群が多く含まれていますのでおすすめの食材です。
また、やはり骨を強くするためにはカルシウムが効果的です。カルシウムを効率的に摂取するためには、ビタミンDが大切だと言われていますので、ビタミンDとカルシウムを摂取するようにしましょう。
カルシウムを多く含んでいる食品と言えば、ヨーグルトやチーズ、豆腐、小松菜、ししゃもなどがあります。
せっかくカルシウムを摂取しても、インスタント食品や清涼飲料水を摂取することにより、カルシウムが尿と一緒に体外へ排出されてしまいます。これは、インスタント食品などに含まれているリンが原因です。ですから、なるべくインスタント食品などを摂取しないようにした方が良いですね。