体操で腰痛改善

体操で腰痛改善

腰痛を改善するために、体操も効果的です。腰痛を改善するために鍛えた方が良い部位はいくつかありますので、それぞれに効果的な体操方法をご紹介しましょう。
骨盤の歪みは腰痛に繋がります。また、腰椎が反ることによって痛みを伴いますので、そういった場合に効果的な腰痛体操です。まず、壁に背中を付けた状態で立ち、20cmほどかかとだけ離します。腹筋に力を入れ、腰は壁に押し付けるように立ちましょう。これを5秒間を3回行います。背筋が緊張していると腰に負担が掛かりますので、背筋の緊張をほぐすのに効果的です。
また、上半身や下肢の筋肉を柔らかくすることも腰痛改善にとって有効とされています。そんな腰痛体操ですが、まず仰向けの状態で左足を両手で抱え込むように上半身にくっつけます。右足は伸ばした状態でしっかりと床に付けましょう。10秒間を2回行い、反対の足も同様に行います。これは、足の付け根部分を柔らかくすることができます。
次に、腹筋に効果的な体操です。仰向けの状態で、手はまっすぐ伸ばして上半身にくっつけます。両足は伸ばし、ゆっくりと床から上にあげていきましょう。床から10cmほど上げたら5秒間止め、ゆっくりと下におろしましょう。これを3回繰り返します。
このような体操は短時間で出来ますので、就寝前などに毎日継続してみてください。