脊柱管狭窄症の手術について

脊柱管狭窄症の手術について

脊柱管狭窄症の治療として手術が検討される場合があります。手術を行うということは、強い神経障害がある場合、姿勢の改善指導をはじめとして保存療法をしばらく続けてみても「歩ける距離が短い」など効果が得られなかった場合などになります。
まず、脊柱管狭窄症の手術では基本的に「脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除く(除圧)」ことがメインになりますので、この点をしっかり覚えておきましょう。
脊柱管狭窄症の手術法について、「痛みの原因(どのように神経が圧迫されているかの範囲や程度、症状)」によって「開窓術」、「椎弓切除術」などと行われる方法が異なってきます。さらに、除圧部位に支障をきたす場合、「固定術」の併用が行われることもあります。
そして、脊柱管狭窄症のそれぞれの痛みの原因によって、手術方法が異なる場合や、診断や手術方法が難しいケースもまれにあります。そのため、脊柱管狭窄症においていったいどういった医者にかかるのがベストかというと、脊椎専門の整形外科で手術してもらうのが最もおすすめです。
脊柱管狭窄症の手術では、早期発見と早期治療が重要です。また、脊柱管狭窄症の手術を終えた後でも誰もがすべて解決される訳ではないことを頭にしっかり入れておきましょう。