脊柱管狭窄症の予防方法

脊柱管狭窄症の予防方法

脊柱管狭窄症は、日常生活において予防をすることも可能です。また、一度脊柱管狭窄症になった方でも、再発することが無いように、日常生活には注意しなければなりません。
まず、頸部脊柱管狭窄症の場合、できるだけ前かがみにならないようにする、正しい姿勢を保つように心掛ける、丁度良い高さの自分に合った枕を使用するといったように、なるべく首に負担が掛からないように意識することが予防に繋がります。
また、腰部脊柱管狭窄症の場合には、正しい姿勢を保つ、長時間立ったままの状態で居ないようにする、あまり腰を反らないようにする、少し前かがみで歩くようにする、自転車をこぐ時は少し前かがみになるといった予防法があります。また、腰部脊柱管狭窄症の治療中であれば、しびれや痛みが強い場合には無理に動かないようにしましょう。
体を動かして筋力をつけることは大切ですが、無理をして腰に負担を掛けることは悪化させる可能性があるため、注意しましょう。
正しい姿勢とは、立っている状態であごを引き、腹筋に力を入れ、骨盤が前方に傾かないことを言います。また、出来るだけ毎日腹筋や背筋をすることも予防に繋がります。リハビリをする時には、医師の指示に従った上で行いましょう。