椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の違いは?

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の違いは?

腰痛の病気はいくつかありますが、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアは有名な疾患ですよね。この二つの疾患は似ているため、知識が無い人では症状を見ただけでは判断しづらいものなのです。また、医療機関を受診したとしても、医師の経験や知識が少ない場合には、判断を誤ることもあるようですから注意しなければなりません。ですから、医療機関ではきちんとMRIなどを利用して、画像にて確認することが大切です。
椎間板ヘルニアの場合、女性よりも男性の方が発症率が多く、運動量が多い20代から40代の人に多いと言われています。それに対して脊柱管狭窄症は高齢者に多いため、年代によっては判断しやすいかもしれません。但し、必ずしも年齢で判断できるわけではありませんので注意しましょう。
椎間板ヘルニアは、髄核という椎間板の中央部分が飛び出すことにより、神経を圧迫しているため、炎症を引き起こすという疾患です。脊柱管狭窄症の場合には、髄核を圧迫しているのではなく、狭窄が問題となっているという違いがあります。しかし、どちらも神経を圧迫していることには違いはありませんので、判断が難しいのです。
どちらも似た症状がであることから、治療法についても保存療法や温存療法、コルセットの装着、それでも改善が見られなければ手術をするということになります。