脊柱管狭窄症の痛みを緩和する

脊柱管狭窄症の痛みを緩和する

脊柱管狭窄症を発症している場合、日常生活を送る上で痛みやしびれを感じ、辛いことも多いでしょう。保存療法を行うことによって痛みを緩和することができますが、それ以外にどのような方法があるのでしょうか。
脊柱管狭窄症の痛みを緩和するためには、普段の姿勢に気を付け、自分に合った適切な運動を行う、肥満の改善及び予防をするということが大切です。
たとえば姿勢ですが、背中を反らせた時に痛みを感じることが多くなります。ですから、なるべく前かがみの状態で居る様にすると痛みを緩和することができます。たとえば、手押し車を使用して歩く、杖を使うといった方法も良いですね。こういったものを使用しながら、意識をして前かがみの姿勢を保つようにしましょう。
また、脊柱管狭窄症の場合は安静することも大切ですが、医師から適度に運動した方が良いという指示があれば、無理のない程度に運動をするようにしましょう。筋力が衰えている状態になりますので、鍛えることも大切なのです。
睡眠する時には背中を伸ばした状態になると痛みを感じるかと思います。ですから、膝の下にタオルなどを敷くようにして、膝が曲がった状態にしましょう。そうすることで、腰が反るのを防ぐことができます。
こういったことに気を付けながら、日常生活を送ってみてください。