脊柱管狭窄症の治療方法

脊柱管狭窄症の治療方法

脊柱管狭窄症だと診断された場合、どういった治療法を行うものなのでしょうか。具体的にご紹介していきましょう。
まず、保存療法が行われます。保存療法にもいくつか種類があり、痛みを感じている場合には、消炎鎮痛薬が投与されます。また、しびれがある場合には、ビタミンB12の製剤が投与されることが多いようです。
また、血流改善効果のある、プロスタグランジン製剤が用いられることもありますが、これは歩行障害がある場合に投与されます。最初にこういった薬を使用することで、痛みやしびれを軽減させることから始めます。
次に、腰を安定させるためにコルセットを使用します。腰部脊柱管狭窄症の場合、腰を伸ばした時に痛みやしびれを感じるため、できるだけ腰を伸ばさないようにするためにコルセットをして固定するのです。少し前かがみの状態でコルセットを装着するため、動きが制限されることになり、神経に対する負担も軽くなります。
そして、ステロイド薬や局部麻酔薬を圧迫されている神経や周辺に対して注射する、神経ブロックを用いることもあります。そうすることで痛みを遮る効果があり、炎症の抑制にも効果的です。神経ブロック注射には、神経根ブロックと硬膜外ブロックの2種類があります。症状によって使い分けることになります。