脊柱管狭窄症の病院での治療方法

脊柱管狭窄症の病院での治療方法

いざ脊柱管狭窄症が疑われると、病院でまずX線検査(レントゲン)やCT検査・MRI検査が行われます。その結果を見て、その後の治療方法が決まります。
脊柱管狭窄症の治療で、排泄障害があるなど症状が重い場合は、手術が検討されます。しかし「神経根が圧迫されるタイプ」など症状の軽い場合、「姿勢の改善」「運動」を心がけて、痛みがある場合は「安静」を心がけるなどのさまざまな保存療法を中心に治療が進められるのが一般的です。
まずは「薬物療法」です。「非ステロイド性消炎鎮痛薬」、「内服薬」、「貼付薬」、「塗り薬」などの薬物療法が行われます。また、血管を広げる作用を持つ「循環障害改善薬」を使って血流の改善を図る方法も。
そして「理学療法」では、血行を改善するためにホットパック(蓄熱財)による温熱療法が行われます。また、超音波療法や場合によっては腰椎の牽引も。
一方「装具療法」はというと、腰部を安静させる目的で腰部コルセットを装着します。腰を少し曲げた状態で固定する「屈曲コルセット」を使用することもあります。
さらに「神経ブロック」では、痛みの伝達を遮断したり、血流改善や炎症を鎮めたりする目的で「局所麻酔薬」を注射する方法も。「硬膜外ブロック」などもあり、硬膜外ブロックで効果がないと、神経根に直接注射する「神経根ブロック」が行われることもあります。