腰部脊柱管狭窄症の治療法

腰部脊柱管狭窄症の治療法

腰部脊柱管狭窄症は、腰に痛みやしびれを伴う疾患ですが、腰部脊柱管狭窄症だと診断された場合、どういった治療を行うのでしょうか。
まず、腰部脊柱管狭窄症はどうやって診断されるかというと、MRI検査やX線検査が行われます。腰部に対して、脊柱管狭窄があるか否かがこういった検査によって判断されます。
実際に治療を行う場合、まずは血流を改善するための薬や消炎鎮痛薬を使用し、痛みを緩和することから始めます。もしそういった治療を行っても効果が見られない場合は、神経ブロックを行います。何度か行っているうちに症状が無くなることもありますし、少し改善が見られることもあります。
それと併用して、牽引、コルセットの装着、温熱療法といった治療法が用いられることもあります。最初はこういった保存療法を行い、それでも効果が見られなければ手術を行うという判断になるようです。
手術をすることにより、脊柱管の圧迫を取り除くことが必要となります。手術の方法もいくつかあり、その人の症状などにより、どの治療法を行うかが異なります。いずれにしても、保存療法だけで治療出来れば最も良いでしょうから、症状が軽い方が当然治療に時間は掛かりません。日常生活に支障が出る前に治療をした方が良いでしょう。