腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症は、どの部分が圧迫されているかによって症状が異なります。たとえば、神経の束である馬尾が圧迫されている場合、足のしびれや麻痺、排尿障害、排便障害、脱力感などの症状が現れます。神経根を圧迫される場合と比較すると、症状が重いと言われています。
また、神経根を圧迫されている場合ですが、神経根は右と左に存在しており、両方圧迫されている場合には左右両方に対して症状が現れ、どちらか一方の場合には、圧迫されている方に対してしびれや痛みといった症状が現れます。
腰部脊柱管狭窄症になった場合、歩行しているうちに、下半身に対して痛みやしびれが生じ、歩くことができなくなります。歩くことができなくなると、誰でも一度休むかと思いますが、休んでいるうちに症状が和らぐため、再び歩くことができるのです。歩行できる時間としては、症状が軽い場合には10分ほど歩けますが、症状が重い場合には、1分ほどしか歩けないこともあります。
腰が伸びた状態や反らせた状態では痛みが悪化してしまいますが、反対に腰を曲げることによって痛みが和らぐという特徴があります。これは、前かがみになることによって神経が圧迫されづらくなるからです。このような症状があるのであれば、腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。