腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症とは、腰部に存在してる脊柱管が狭くなることで、脊柱管内の神経が圧迫され、しびれ、腰痛といった症状を引き起こす疾患です。高齢者に多い病気ですが、若年者でも発症する可能性もあります。腰というのは、日常生活を送る上で負担が掛かりやすい部分でもあるため、様々な狭窄症の中でもかかりやすい疾患であると言えるでしょう。
腰痛の経験がある方は多いと思いますが、腰部脊柱管狭窄症にかかることにより、痛みを感じても少し休むと痛みがなくなる、前かがみになると痛みが楽になるという特徴があります。
腰部脊柱管狭窄症にかかっていたとしても、加齢に多い病であることから、年齢を重ねたことによる腰痛だろうと思い、症状が軽いうちに受診する方は少ないようです。
どの部分に対して症状が出ているかにより、どの神経が圧迫されているかという判断ができます。症状が悪化していたとしても、手術などによって改善することは可能です。しかし、できるのであれば保存療法で済むようにしたいものですよね。例えば、薬を服用する、神経ブロック注射を打つといった保存療法があります。手術にもいくつか種類がありますので、よく説明を聞いた上で自分に合った治療を行うことが大切です。