広範脊柱管狭窄症の治療法

広範脊柱管狭窄症の治療法

広範脊柱管狭窄症は、頸や椎間板、胸など広い範囲に渡って様々な障害を起こす疾患です。広範脊柱管狭窄症になることにより、神経に対して様々な症状が現れます。年齢を重ねるにつれ、体に対してしびれや痛みを感じるようであれば、広範脊柱管狭窄症の可能性があります。
広範脊柱管狭窄症にかかった場合、どういった治療を行っていくのかというと、まずは局部を安静にする必要があるため、脊椎を固定するために装置を付けます。また、頸椎や腰椎持続牽引といった治療を行うこともあります。
また、神経根や馬尾神経に障害が現れている場合、神経根ブロックなどによって治療効果が現れる場合もありますが、保存治療をしても効果が無いという場合、脊髄に麻痺が見られる場合には、手術をして治療をすることになるでしょう。
手術では、椎弓切除術や脊柱管拡大術、前方徐圧固定術といったものを行うことになります。
良い状態を悪い状態を繰り返すため、症状に気づいていてもなかなか医療機関に行かない方が多いようです。早めに処置しなければ、手術をしなければならなくなることもありますし、手術をしたとしても充分に改善しないこともあります。何事も、早期発見をすることが大切です。