脊柱管狭窄症の病院での検査

脊柱管狭窄症の病院での検査

もし、脊柱管狭窄症が疑われた場合、すぐ専門医にかかることをおすすめします。そして、病院に行くと、まず、X線検査(レントゲン)やCT検査・MRI検査が行われるはずです。
そして、レントゲンなどの画像を見て、脊柱管に狭窄が起こっているかを確認することになります。一般的に、X線検査(レントゲン)検査を行った後にもっと詳しい情報が必要な場合は、骨以外の状態を見るためにCT検査やMRI検査を行うのが普通です。さらに、場合によっては造影剤が使われることもあります。
ただし、注意して欲しいのは、脊柱管に狭窄が起こっていたとしても、必ずしもすぐに症状が出るわけではないのです。また、脊柱管狭窄症の症状の特徴でもある「間欠跛行(かんけつはこう)」の症状が出る「閉塞性動脈硬化症」などは、他の病気が原因の可能性もあるので、それに関しても合わせて判断されるのが普通です。
そして、脊柱管狭窄症の治療にはさまざまな方法があります。
もし症状が軽い場合、「姿勢の改善」「運動」を心がけて、痛みがある場合は、「安静」を心がけるという保存療法が中心になります。例えば、薬物療法、理学療法、装具療法、神経ブロックなどが行われます。
いずれにしても、自分で判断せず、専門医の指示をしっかり聞いて治療に専念しましょう。