脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症という病気を耳にしたことはあっても、具体的にどのようなものなのか知らない方は意外と多いようです。黄色靭帯や脊椎など、様々な部分で脊柱管は出来ていますが、これらの形が変わってしまうことにより、椎間板が突き出してしまうことによって神経の組織が圧迫され、結果的に体に対して多くの症状が現れるという病気になります。
脊椎は、後縦靭帯と黄色靭帯があることによって支えられており、安定しているのです。しかし、黄色靭帯が元の状態に戻らないということになれば、神経が圧迫されてしまうことに繋がります。これは、年齢を重ねると起こりやすくなると言われているため、脊柱管狭窄症は高齢者に多い症状であると言われています。
しかし、中には生まれつきこういった傾向のある方も居り、そういった方は若くして脊柱管狭窄症になることもあるため、油断はできません。遺伝ということもありますが、ほとんどの場合は年齢によるものだと考えられています。また、どこに発症するかにより、いくつかの種類に分けられます。発症した部分により、症状も異なりますので、自分はどういった種類に当てはまるのか注意する必要があるのです。痛みが長く続くようであれば、一度受診した方が良いでしょう。