頚部脊柱管狭窄症とその治療

頚部脊柱管狭窄症とその治療

頚部脊柱管狭窄症という症状もあります。
まず、頚部脊柱管狭窄症とは、脊椎の中に脊髄や神経などを収めて保護している骨性のスペースがあってこれを脊柱管と呼ぶのは、前述の通り。そして、この脊柱管が生まれつき狭いため、加齢に伴って頚椎が変化することで、頚髄や神経を圧迫される場合があります。
この圧迫された状態を「頚部脊柱管狭窄症」といいます。
頚部脊柱管狭窄症の 症状は、変形性頚椎症の場合と基本的には同じです。神経や脊髄の圧迫による痛み、しびれをはじめ、手指の使いにくさ、歩行障害、さらには排尿・排便障害などが見られます。
頚部脊柱管狭窄症での診断には、MRI、CTなどの画像検査をはじめ、一定の条件下で撮影された頚椎X線撮影側面像が必要になります。そこで計測された脊柱管前後径が12~13mm以下のものが頚部脊柱管狭窄症と診断されます。
頚部脊柱管狭窄症の治療ですが、狭窄が1から2椎間と診断された場合、変形性頚椎症と同じくセラミックを用いた前方固定術が一般的。狭窄が3椎間以上と診断された場合、後方からセラミックを用いた背柱管拡大術を行って脊髄の圧迫を取り除く治療が行われます。
もし、頚部脊柱管狭窄症で悩んだら、脊柱専門外来があるので、ぜひ相談することをおすすめします。