脊柱管狭窄症の心当たりをチェック

脊柱管狭窄症の心当たりをチェック

もしかして脊柱管狭窄症かもしれない、と思ったら、出ている症状に心当たりが内科をチェックしましょう。
そもそも脊柱管狭窄症は、頚椎(首の骨)にも腰椎(腰の骨)のレベルでも起こる可能性があります。今回、腰に出る症状についてご説明します。狭窄の部位によっては、症状に違いが出る場合もあります。
脊柱管狭窄症の症状として、まず、歩いていると下肢に痛みや張り、しびれが出て休みながらでないと歩けない、歩いていると足が前に出なくなる、前かがみになると楽になる、仰向けで寝るとしびれが出てくる、腰を後ろへ反らせないといった場合です。
また、ほかにも脊柱管狭窄症に関するチェック項目があります。たとえば、スリッパが脱げやすい、脚に力が入らない、脱力感がある(とくに午後からひどくなる)、腰痛がある、お尻、下肢のひきつれた感覚、チリチリ、ジリジリする不快感がある、足の裏を触ると、直接触られている感じがしない、肛門周囲のしびれ、排便、排尿のコントロール異常などです。
特に、肛門周辺のしびれ、排便や排尿のコントロールに異常をきたしたら、脊柱管狭窄症のとても危険な状態です。今すぐにでも病院にかかることをおすすめします。場合によっては、保存療法ではなく、すぐ手術を勧められる場合もあります。