脊柱管狭窄症の原因はさまざま

脊柱管狭窄症の原因はさまざま

脊柱管狭窄症になってしまう、その原因はさまざまです。
よくあるたとえで、脊柱管は、人間にとって非常に大事な神経の入った“トンネル”という表現がなされます。そして、脊柱管狭窄症は、このトンネルがなんらかの異常によって狭くなってしまうという、非常に怖い症状です。
脊柱管が狭くなると、体のすみずみまである神経の元になる部分に障害が起きることです。そして、身体に痛みやしびれなどが出てきて、いざ身体を動かしてみても非常に支障をきたすことがあるからです。
脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭窄されて神経を障害します。その原因としては、背骨を構成する骨、関節、背骨を支える靭帯の変性、椎間板の膨隆や変性などがまず考えられるでしょう。そして、腰部に負担がかかり続けて老化してしまった場合、変性などは生じやすいわけです。
例えば、背骨の骨と骨の間にある椎間板が変性して、脊柱管の内側に出てきてしまった場合、負荷のかかり続けた関節や骨の部分に骨が増殖してしまい、結果として、脊柱管を狭めて神経根を刺激します。そして、脊柱管狭窄症と診断されるでしょう。
脊柱管狭窄症にならないために、普段から心がけることとしては、腰部の負担をできるだけ避けて、老化を早めないようにする必要があります。