脊椎管狭窄症に効果あるストレッチ

例えば、脊椎管狭窄症におすすめなのが、体操ストレッチ療法です。
脊椎管狭窄症に効果的なストレッチをご説明します。まず、脚を投げ出して座ります。そして、両手を足先にゆっくりつけて、これができるようになったら、顔がひざにつくように。お腹がふとももにつくように行います。無理しないように、自分ができる範囲でやりましょう。
次に、そのままの姿勢で両足をいっぱい左右に広げて、両手を同じように足先にゆっくりつけるように、顔がひざにつくように、さらにお腹がふとももにつくようにします。
そして、うつ伏せに寝てから、かかとをお尻にゆっくりつけていきます。これを片足づつ左右、両足、両足を左右交互に交差させて行いましょう。
今度は、仰向けになります。ひざを曲げて、そのひざをお腹につけるようにします。そしてそのまま仰向けの状態でひざを横に曲げて、足の裏をつけます。ひさを左右交互に軽く床に向かって押し、両ひざを同時に軽く床に向かって押しつけます。
さらに、まだ仰向けのままで両手を左右に広げます。左足を右足の右に交差させて、この時にくれぐれも両肩は床から離さないようにして、これを左右行います。また、ひざを曲げて床につけ、これも左右に行います。
以上が、脊椎管狭窄症に効果的なストレッチです。