脊椎管狭窄症の本当の原因

脊椎管狭窄症の本当の原因

脊椎管狭窄症の本当の原因は、筋肉の運動不足であり、脊椎管を支えている筋肉を使わないための機能衰退です。
そして、脊椎管狭窄症の症状として、下肢の痛み、しびれ、脱力のために歩けなくなりますが、少し休むとまた歩けるようになるという「間欠跛行(かんけつはこう)」が最大の特徴といえます。さらに、歩くことによって両脚に痛み、しびれ、脱力が増します。会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもあります。
ただし、以上の症状だと、腰痛ではまだ軽度です。
まず、馬尾型(ばびがた)では、歩行によって増える両側下肢(りょうそくかし)、会陰部の異常感覚、例えば、しびれ感、冷感、灼熱感、絞扼感(こうやくかん)、および馬尾性間欠歩行が主な自覚症状です。腰痛はあまりないでしょう。この場合、痛みは腰椎を曲げることで軽減することがほとんどです。
一方、神経根型(しんけいこんがた)は、一般に片側性であり、長時間立ちっぱなし、歩行時および腰椎伸展によって発症、または増強する下肢痛が自覚症状。腰痛を伴うこともあります。
さらに、混合型は、馬尾型と神経根型と両方の症状を持ち、両側性と片側性とがあります。腰痛が我慢できなくなり、痛いから動かなくなり、脊椎管狭窄症がますます悪化します。