脊柱管狭窄症の新たな手術方法

脊柱管狭窄症の新たな手術方法

脊柱管狭窄症に近年、従来の手術に加えて、新しい手術が行われるようになっています。
例えば、患者の身体的な負担が軽い手術として「内視鏡手術」も試みられています。これは、背中を小さく切開してそこから患部に内視鏡を挿入し、モニターの画面を見ながら手術を行う方法です。
例えば、参考までに、椎間板ヘルニアの内視鏡手術についてご説明します。
ここ数年、内視鏡でヘルニア摘出を行う施設が増えています。通常「キャスパー法」で行うことが多いです。1cm程度の皮切を加えて、それを開口器で開いておき、大腸ファイバーや胃カメラのような器具を入れて黄靭帯という筋を切開して、後ろにせり出してきたヘルニアに切開をいれて中身を引き出します。また、大きく開ける従来の方法は「LOVE法」といわれ、手術時間は早いものの、背中の筋肉も大きく開けるため、手術後4週間はベッド上で安静を余儀なくされます。
一方で、内視鏡手術の場合、術後2、3日で歩行でき、数日で退院可能です。抜糸は外来でもOK。
通常、椎間板ヘルニアの治療は、保存療法を、身体に対する負担の少ないものから順に行います。治療の効果がなかったら次の段階に進みます。時には、仕事上の都合などで時間がなく、保存療法せずに手術を希望することもあるかもしれませんが、それに関しては担当医としっかり相談しましょう。